TOKYO 働き方改革宣言企業

卸売業・小売業
マテル・インターナショナル株式会社

http://mattel.co.jp/

logo

本社所在地:千代田区

常用労働者数:2~30人

従業員のライフワークバランスのさらなる向上を目指して、働きやすく、やりがいの持てる職場づくりに取り組みます。

宣言書

▶宣言書を見る

※ 奨励金を活用しないで宣言を行いました。

自分たちも仕事を楽しむため、より柔軟で自由に働く

玩具や遊戯用具の輸入・販売を行っているマテル・インターナショナル。子供たちの夢を育む企業として、働く従業員も仕事を楽しむことが重要だと考えるのは自然なことだろう。社員のライフ・ワーク・バランスを向上させるのはその手段の一つで、更なるステップとして、働いている会社に誇りを持ってほしいと考えた。制度を作ることも大切だが、その制度を実際に活用できるか、活用することが認められている社内環境であるかどうかが重要だ。例えば、本来休暇とは特別な理由がなくても取得できるものだ。企業制度も従業員の心理も、そのような環境に進化させていきたいと同社では考えている。

取組内容

  • 働き方の
    改善

    ①部門ごとに実績を毎月トラッキングし、
    幹部会議にて各部門長にシェアします。

    ②既存のフレックス制度、在宅勤務制度、ノー残業デー
    を促進する社内コミュニケーションを強化します。

  • 休み方の
    改善

    ①部門ごとに実績を毎月トラッキングし、
    幹部会議にて各部門長にシェアします。

    ②管理者研修を行い、理解を深めます。

    ③幹部メンバーの積極的な休暇取得など
    休みやすい雰囲気作りに取り組みます。

具体策1

フレックスタイム、在宅勤務、
ノー残業デーなどで残業時間が半減

フレックスタイム制はコアタイムを10:00~15:00(金曜日は10:00~13:00)に設定。在宅勤務は上司承認のもと、週に1回を原則の上限としているが、子供の急な体調不良など必要に応じて週2回以上の利用も可能だ。ノー残業デーは毎週水曜日で、午前中に人事からリマインドのメールを全従業員に送る。これらの成果は目に見えて出ており、2018年の平均残業時間は2017年同期比で半分程度になっている。

具体策2

管理職が積極的に有休休暇取得を促す
有給休暇取得率は前年比約200%を達成

休み方も、マネージャークラスが積極的に有給休暇取得を促すことで、休むことへの抵抗感の軽減を図っている。契約社員と派遣社員も含めた全従業員に対して年1回は5連休(土日別)を取得することを奨励し、各部門長に対して業務調整などの依頼をしている。2017年の有給休暇取得率は前年比約200%となっており、休みやすい雰囲気が醸成されてきている。

働き方改革、
現場の生の声を聞きました!

岡部 泰人
岡部 泰人 人事部
アソシエイトマネージャー

ライフ・ワーク・バランスは人それぞれです。柔軟性のある環境で求められている成果を出しながら、プライベートも充実させる余裕を持つことが、多様性を認めた「働き方改革」の成功なのではないかと考えています。従業員から「働きやすくなった、ありがとう」という声を聞くと、人事としては最高の御褒美をもらえたとうれしく感じます。

マーケティング部
アシスタント
ブランドマネージャー

働き方改革宣言によって会社に休暇取得などを奨励されていることを実感して、積極的に取ろうと意識することができました。家事や宅配便の受け取りなどで家にいる必要がある時は、午前を在宅勤務にして用事を済ますことができます。台風の際は在宅勤務を推奨されるなど、会社が社員の安全を第一に考えてくれていることにも日々感謝しています。