TOKYO 働き方改革宣言企業

情報通信業
株式会社ウィルド
http://wyrd.co.jp/


常用労働者数:2~30人

社員の能力を引き出す
「働き方見直しプロジェクト」が推進中

0308-sg1

社員が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、 多様な価値観や個々の私生活を尊重し、 楽しく安心して働き続けることができる環境を提供します。

0308-sg2

▶宣言書を見る

経営者・人事担当者のインタビュー

仕事も、プライベートも相乗で充実すべき

代表取締役

大越 賢治

社員が能力を発揮して働けるように、様々な取組を進めて きました。私が一番望んでいるのは、仕事とプライベートの 両立ではなく、どちらも充実させパフォーマンスを上げてほ しいということです。それはお互いに必ず良いシナジーを 生み、相乗的に高めるものだと思っています。実際、山形県 高畠町のお米販売ビジネスや釣り好きの社員の持ってき たビジネスも彼らのプライベートから波及したもの。仕事っ て、実はそんなライフワークの充実からくるものだと思って います。なので、社員には仕事もそうですがプライベートも とことん充実させて欲しいです。

取組内容
働き方の改善 ・情報共有掲示板を作り、各自の作業状況を把握
・月に一度個人面談で上長が残業時間の把握
・短時間勤務制度を導入・運用
休み方の改善 ・記念日等年次有給休暇制度を導入・運用
・管理本部や上長が社員全員に計画的な有給休暇 取得の呼びかけ
・新社員へ有給休暇を取得しやすくするための環 境作り

フレックス、在宅、時短でパフォーマンスアップ!
朝が弱かったり、育児中の社員がいたりと人に よってさまざま。WYRDではフレックス制度を いち早く導入して、個人がパフォーマンスを最 大限に発揮できる時間帯で働くことを優先。 時間に制約のある社員も働き続けることがで きるようになって残業も減少。仕事の効率化に も繋がっています。社員が様々な時間帯で働いている分、月1回の面談や毎 週水曜日の「おやつ会」を設けるなどし、コミュニケーションを図っています。

情報共有で休暇を 取得しやすい 雰囲気づくり
プライベートのちょっとした用事も会社のスケジューラーで共有することで、 休暇取得をしやすい雰囲気をつくり、また計画的に有給取得ができるように、 社内Chatシステムで社長自らが呼びかけも行います。

0308-sg3

私、時短勤務社員第1号 なんです。

管理本部 2006年入社

横尾 恵

子供の妊娠がわかった時に「辞めなきゃいけないかな」と 思いました。そんな時に「どんな勤務体系だったら続けられ る?」と聞いてもらえたのが1日4.5時間勤務の時短社員制 度の始まりでした。子育ても大事ですが、社会と繋がりを 持っていたいという要望を聞いてくれたのは嬉しかったで すね。次は、記念日休暇を取得しようと思ってます。何の記 念日にしようかな?