TOKYO 働き方改革宣言企業

学術研究、専門・技術サービス業
ジーニアス株式会社
https://www.genius-japan.com

常用労働者数:2~30人

社員の能力を引き出す
「働き方見直しプロジェクト」が推進中

0308-sg1

社員の多様性(ダイバーシティー)を大切にし、 ワークライフバランスを推進し、 働きやすい環境づくりに努めます。

0308-sg2

▶宣言書を見る

経営者・人事担当者のインタビュー

子育てから介護世代までの 働きやすさを実現

代表取締役社長

三上 俊輔

少人数の組織では会社と個人の関係で働き方を定めた方 が良い場合も多い。そのため以前より当社では、個別契約 によって会社と個々との関係性を規律していくようにして いました。それを昨年からはより柔軟に、ライフステージに 合わせて短時間正社員や有給休暇の時間取得を制度化 し、子育ての若い世代だけでなく、これから介護問題に直 面する社員など、多様化する個人の環境に応えるようにし ました。また、インターンシップを数多く受け入れています が、ヘッドハントの現場は企業を見る目も養われますよ。

取組内容
働き方の改善 ・社員の多様性を尊重し、短時間正 社員制度を導入
休み方の改善 ・有給休暇の時間単位取得制度を 導入することにより柔軟に休暇を 取得できる環境を整備

すべての業務は在宅で行うことが可能
ほとんどの業務は個人完結でき、会 社に来なければならないような業務 はありません。さらに全社員にパソ コンと携帯電話を貸与し、在宅業務 が可能になる環境を提供。与えられ た課題達成に向け、各自が自己管理 のもと業務にあたります。

育児世代に応える 個別労働契約と 1時間単位の有給制度
「子供がいても働きたい」という思い を持っていたオフィスマネージャー大 平梨良さんは、子供を学校に送って7 時半に出社し、15時に退社する働き 方を実現しています。変則の勤務時間 契約に加え、昨年からはより柔軟な1 時間単位の有給制度を実現しました。

0308-sg3

社員の多様性に 応えた制度を 最大限に活用して 趣味と仕事を両立

アシスタント 2015年入社
根本 沙弥

マーケティング& コミュニケーション ディレクター 2015年入社
奥富 毅人

WEB・広告・広報部門を担当する奥富さんと、コンサルタン トのサポートを担当する根本さん。業務内容は異なるが少 人数企業ゆえのフラットな組織と、多様な社員の状況に合 わせた制度に、二人とも働きやすさを実感し、充実した毎日 を送っています。少人数だからこそ少数先鋭の人たちが揃 う当社では、目標の管理もすべて自己管理。学ぶことも多く 成長できる環境があると声を揃えます。